悪口を言われたあと気にしない6つの方法

悪口を言われたにょろえもん日常で役立つネタ

悪口を言われたとき、あなたはどんな感情になりますか?

「ムカつく」

「悲しい」

「やり返したい」

「○ねよアイツ!」

いろんな感情が湧いてくるかと思います。

こういう話をすると必ず

にょろえもん
にょろえもん

そんなもん気にするなよ。無視すればいいじゃん

みたいなことを言ってくる人がいると思いますが、それができりゃ苦労しません。

とくにボクの場合は割り切るのが苦手なんで、一度言われた悪口に対して何日もイライラしたり、悲しい気持ちになったりします。

…とはいえ30年以上生きてきたので、昔よりはだいぶ感情のコントロールはうまくなってきました。

というワケで今回は

悪口を言われた時に気にしない6つの方法

を紹介します。

「これをやればまったく気にしなくて済むぜ!」

というワケではありませんが、イライラや悲しみが100あったとしたら、30とか70ぐらいにはなるんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

悪口を言われたあと気にしない方法

悪口を言われたあと気にしない方法は全部で6つ。

ボクがやってみて効果があった方法ですが、ほかの人に効果があるかどうかは不明です。

マンガを読みまくる

悪口を言われて傷ついてる時に

「気にするな」

なんて言われたって、そりゃ無理です。

じゃあどうしたらいいか?

とにかく考える暇を与えないようにするってのは有効な対策のひとつです。

とはいえ中途半端な趣味だと、なかなか思考停止することができません。

時間を忘れて夢中になるような熱い娯楽に身を投じましょう。

僕にとって漫画がそれにあたります。

とにかく先が気になってしょうがない。

現実世界を忘れてワクワクドキドキが止まらない。

…そんな感情を抱かせるメチャクチャ面白いマンガを選べば、少なくともマンガを読んでる時間だけはイライラや悲しみがほぼ消えてなくなります。

それを何度か繰り返してるうちに、100あった悲しみが90、80、70…と徐々に減っていくハズ。

自分が言われた悪口+好きな芸能人の名前で検索する

この方法は賛否両論ありそうですが、その分効果はまあまあ高いです。

たとえばあなたが

「つまらない」

といわれて傷ついたとしましょう。

そしたらグーグル検索で

「自分の好きな芸能人の名前+つまらない」

というワードで検索します。

すると、あなたが言われた悪口と同じ言葉をあなたの好きな芸能人も言われていることに気づくでしょう。

どんなに面白い芸能人でも、よっぽどマイナーじゃない限りたいていボロクソに言われています。

しかも不特定多数の人間から。

そんな検索結果を見ると

「こんなに面白い人でもつまらないって言われるんだな」

「むしろつまらないって書いてるヤツのほうが100倍つまんねーじゃん」

というように、少し気持ちが楽になります。

文字にする

嫌な気持ちになった時、それを文字にして吐き出すというのはかなり有効な手段です。

人は頭の中で物事を考えていると、いつまでたっても嫌なことがグルグルと回り続け、なかなか解決することができません。

ところが、自分の気持ちを文章に吐き出すと不思議なほど頭の中がスッキリします。

感覚としては、愚痴を誰かに聞いてもらって悩みが軽くなるのと似たような感じですね。

このとき重要なのが誰も見ないメモ帳やノートに書くということ。

SNSに書き込んだりすると周りの反応が気になったり、本音を書きづらくなり、効果は激減します。

とくにTwitterなんかは攻撃的なコメントが多いため、怒りがますます増幅して歯止めが利かなくなる危険性があります。

>>Twitterを辞めてよかったこと5つ<<

大声を出す

大声を出すというのは昔からストレス解消効果が高いと言われる方法です。

とくにオススメなのはやっぱりカラオケ

音楽に合わせて大声で歌うことによって、頭がかなりスッキリします。

「わざわざカラオケ行くの面倒くせーよ」

って人は僕も愛用してる↓のミュートマイクを使うのがオススメ。

音を完全に0にすることはできませんが、大声を普通の会話レベルの音量にする効果はあります。

好き嫌い.comというサイトを見る

あまり大声ですすめられる方法ではありませんが、好き嫌い.comというサイトを利用するのもなかなか有効です。

好き嫌い.comとは、特定の芸能人に対して「好きか嫌いか」というアンケートが行われ、その結果と理由が出てくるという非常に悪趣味なサイトですね。

「人の悪口なんか絶対見たくない」という人はこの方法はやめた方がいいでしょう。

好き嫌い.comより

このサイト内の検索であなたの好きな芸能人の名前を入力します。

すると「嫌い」という人がおそらく50%以上出てくるハズ。

嫌いな理由もズラ~ッと出てきます。

好き嫌い.comより

このサイトの凄いところは

「この人のこと嫌いな人間なんて誰もいないんじゃねーの?」

って人でも半数近くが”嫌い”という結果になること。

たとえば国民的アスリートや好感度ランキング上位にいる俳優さんでも”嫌い”が半数近くおり、嫌いな理由が延々と並べられています。

でも実際に国民の半分がそのアスリートや俳優さんを嫌いかって言うと、そうじゃないんですよね。

人って嫌いなものほど主張したくなる傾向があって、好きなものってそこまで主張したくならないんですよ。

「こんな非の打ち所がない人でも嫌いな人っているんだ」

「人から嫌われないって不可能なんだな」

「一部の人が言ったことを大げさに考える必要はないんだな」

というように、

何の非がない人でも悪口を言われる

ことが分かり、ボクの場合はいくらか気が楽になりました。

ただし好きな人の悪口を見ることで、かえって落ち込んだりイライラする可能性もあるので、人によって合う合わないがある方法ですね。

寝る

なんだかんだ言っても、やっぱり寝るってのが一番効果が大きいです。

人生で傷ついたことやイライラしたことなど何万回もありますが、一晩寝ればたいていのイライラや悲しみはどっかに消えます。

中には寝ても治らないような出来事もありますが、それでも日が経つにつれドンドンそういった感情は薄まっていきます。

まとめ

以上、悪口を言われたあとに気にしない方法を紹介しました。

まとめると以下のとおりです。

悪口を気にしない方法
  • 漫画を読みまくる
  • 好きな芸能人+自分の言われた悪口で検索
  • 文字で吐き出す
  • 大声を出す
  • 好き嫌い.comを見る
  • 寝る

まあこれをやっても全く気にしないってのは難しいとは思いますが、ある程度は軽減できるんじゃないかと思います。

落ち込んだ時に元気になる方法

ちなみに落ち込んだ時に元気になる方法は↓ページで紹介しています。

実際にボクが落ち込んだ時にやってる方法なんで、まあまあ参考になるんじゃないでしょうか?

応援ボタン押してもらえるとけっこう励みになります^^