バイクがマナー悪いというのは嘘?実際の真実は・・・

バイクはマナーが悪い バイク

「バイクはマナー悪い奴が多い」

・・・よく聞く話です。

っていうかバイク乗りであるボク自身も

「バイク乗りはマナー悪い奴が多い」

ってぶっちゃけ思ってます。

というのも、実際に公道を走っているとマナーの悪いバイク乗りをくさるほど目にするから。

  • 思いっきり速度を出した危険なすり抜け
  • 前の車へのベタ付け
  • 騒音でしかない爆音マフラー

・・・などなど、

ハッキリいって「マナーの悪いバイク」を見ない日の方が珍しいぐらい。。

にょろえもん
にょろえもん

爆音だけはマジで許せんわ

でも、twitterとか見てると

「すり抜けはやらない」

「マナー悪いバイク乗りキライ」

っていうライダーがけっこう多いんですよね。

そんなtwitterを見ていてボクはふと思いました。

「バイクはマナーが悪いっていう印象は実はアレが原因なんじゃないかな?」

と。

バイクはマナーが悪いと言われる原因

バイク乗りはマナーが悪い

バイクはマナーが悪いと言われる原因。

それはズバリ

「マナーが悪いバイクを目撃する人が多いから」

なんじゃないか?って思うんだ。

にょろえもん
にょろえもん

はぁ?当たり前じゃん?

・・・もっというと、

実際に存在するマナーの悪いバイク乗りの数はそれほど多くなくて、

一部のマナーの悪いバイク乗りが数多くの人に目撃されているだけ

なんじゃないかっていうこと。

どういうことかっていうと下の図を見てほしいんだ。

たとえばマナーの良い「ライダーA」とマナーの悪い「ライダーB」がいたとする。

  • ライダーA・・・マナーがよく、絶対すり抜けしない
  • ライダーB・・・マナーが悪く、絶対すり抜けする

その二人がともに10km走ったとする。

マナーの良いバイク

10km走る中でライダーAの存在を認識できたのは

  • ライダーAの前を走った車
  • ライダーAの後を走った車

2台

一方、ライダーBの方はどうだろうか?

マナーの悪いバイク

わずか10kmでライダーBがすり抜けした車の数は100台。

見方を変えれば100台ものドライバーに認識されたことになる。

ライダーAとは実に50倍もの差。

この例だと、同じ10kmの走行距離で

  • 100台の車が「マナーの悪いバイク乗り」を目撃
  • 「マナーの良いバイク乗り」を見かけたのは2台だけ

という結果になる。

にょろえもん
にょろえもん

バイクはマナーが悪いって印象を持つ人が多くなるのもムリないね

バイク乗りはマナーが悪いと思われるパターンその2

バイク乗りはマナーが悪い!と思われる別のパターンも見てみよう。

今度はある車のドライバー「Cさん」からの視点で見てみる。

CさんはAコースを30分かけて走りました。

そして同じ30分の間にAコースを30台の「マナーの良いバイク」と、3台の「マナーの悪いバイク」が走りました(※どのバイクもバラバラに走っている設定)

30台のマナーの良いバイクは車列に並んで走行しているため、30分の間でCさんの前に現れることは一度もありません。

しかし3台のマナーの悪いバイクは危険なすり抜けをし、30分の間にそれぞれCさんを抜かしていきました。

Cさんからすると30分の間に目撃したバイク3台のうち、すべてが危険なすり抜けをしていたことになります。

つまり、この例の場合だと

  • 30分間でAコースを走ったマナーの良いバイクは30台
  • 30分間でAコースを走ったマナーの悪いバイクは3台

で、実際にはマナーの悪いバイクは全体の10分の1しかいないのですが、Cさんからすると走っていたバイク全てがマナーの悪いバイクに見えてしまうのです。

にょろえもん
にょろえもん

実際の数よりも多いように錯覚してしまうってことね

・・・で、今までの話が

「バイクはマナーが悪い」と言われる原因なんじゃないか?

っていう話です。

「バイクはマナーが悪い」は間違い・・・かもしれない

バイクはマナーが悪い?

本当にバイクはマナーが悪いのか?

実はバイク乗り全体のマナーは悪くない

でも一部のマナーの悪いライダーが多くの人に目撃されるせいで、バイク乗り全体の印象が悪くなってるだけ

ってのが真実なんじゃないだろうか?

・・・っていう話をここまでしてきたんだけど、

実際のところはどうなのかボク自身もわかりません。

一部のライダーが目立ってるだけなのか、あるいは本当にマナーの悪いバイク乗りの数が多いのかはぶっちゃけ判別できないっす(笑)

まあいずれにせよ、マナーの悪いバイク乗りのせいで、バイク乗り全体の印象が悪くなってるってのは間違いなさそうですね。。

コメント