本が読めない人にオススメ!本を一瞬で音声化する方法(iPhone専用)

本が読めない日常で役立つネタ

読書をしたいと思ってる。

でも本を読めない。

そんな人は結構いるんじゃないかな?

本が読めない理由としては

  • そもそも読書が苦手
  • 文字を読むのが面倒くさい
  • 本を読む時間がない
  • 文章が頭に入ってこなくなった

などなど、本を読めない人にもいろんなパターンがあると思う。

で、そんな人に今回おすすめしたいのが本の音声化

耳で読書を楽しもうぜ

って話です。

本を音声化するメリットは以下の通り。

  • 散歩しながら読書できる←超おすすめ
  • 活字を読む面倒臭さがない
  • 家事やエクササイズなど、他の作業と並行してできる
  • 目を休めることが出来る
にょろえもん
にょろえもん

でも音声化って金がかかったりするんじゃないの?

この方法は有料サービスなどを使わなくてもiPhoneさえ持ってれば今すぐ無料で出来ます。

ってワケでさっそく本を音声化する方法を教えるよ!

関連記事 iPhoneやスマホ用の便利グッズBEST15【買ってよかった】

スポンサーリンク

本を読めない人は本を音声化しようぜ

本を読めない人は本を音声化しよう。

音声化の手順は超カンタン。30秒で終わりますよ。

1.iPhoneの設定画面を開きます

2.ちょっと下の方にある”アクセシビリティ”を選択

3.”読み上げコンテンツ”を選択

4.”選択項目の読み上げ”と”画面の読み上げ”をONにします。

また、同じ画面で”声”を選択すると、4つの声の中から好きな声を選べます。

個人的おすすめは”Siri(女性)”

これで下準備はOK!

今度はKindleなどの電子書籍アプリを開きます。

そんでもって読みたい本を選びましょう。

今回は著作権とかの都合で本の代わりにメモ帳の画面を使うけど、実際にやることは変わらないです。

画面の上端に2本指をおいて、下にスライドします。

するとコントローラー画面が出てくると同時に本の読み上げが開始。

コントローラーの使い方は下の画像を参考にしてください。

「>」を押すとコントロールボタンを表示できる

本の読み上げが止まる

2021年4月現在、途中で本の読み上げが止まることがたまにあります。

とくに読み始めの1ページだけ読んでストップすることが多いですね。

そういうときは次のページでもう一度再生してみると、今度はそれ以降のページもスムーズに読み進めてくれます。

(何度やってもダメな場合は、一度iPhoneを再起動させると上手くいくケースがあるらしい)

また今のところ、ページの途中から読むことが出来ません。

たとえば5ページ目の途中から読みたくても、5ページの一番頭から再生される仕様になってます。

こういった所はちょっとだけ不便ですね。

オススメの使い方は散歩&音声化

オススメの使い方は散歩しながら音声化した本を読むことです。

散歩と本って抜群に相性がいいんですよね。

というのも、運動することで脳に酸素が効率よく運ばれるから、散歩中ずっと集中力を保っていられるんですよ。

おまけに運動と日光によるモチベーションアップや健康面での効果もあって、一石四鳥ぐらいのお得感があります。

マジで超おすすめですよ、コレは。

ただし一個だけ注意点あり。

散歩するときiPhoneをズボンのポケットに入れて、画面を脚側に向けていると、勝手に再生が止まったりすることがあります。

最初なんで止まるのか分かんなかったんだけど、どうやらパンツを貫通して太ももがタッチパネルに反応しちゃってるみたいですね。

なので散歩時にiPhoneをポケットに入れて使うときは、iPhoneの画面は外側にしましょう。

本を読めない人には音声化がおすすめ!

以上、本を読めない人には音声化がオススメだという話でした。

iPhoneさえ持ってれば30秒ぐらいで出来ると思います。

audibleみたいな専門のオーディオブックと比べると、読み上げに”ぎこちなさ”があるとは思いますが、それでも十分実用できるレベルですね。

本を読む時間がない、文章を読むのが苦手…などといった理由で本が読めない人は、ぜひ本の音声化を試してみて欲しいです。

もっと快適に本を聴きたい人は……

もっと本を快適に聴きたい方はAmazonオーディブルがおすすめです。

以前まではサービス内容に不満もあったのですが、2022年に神アップデートしてお得度が20倍ぐらい上がりました。

アップデート後は

月額1,500円で12万冊以上の本が聴き放題

という破格のコスパサービスへと進化。

この神アップデート以降、ボクはずっとオーディブルの会員を続けています。

具体的なアップデート内容に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、興味があればご覧ください^^

共感した!役立った!