周りの人間が全員敵に見える

周りの人間が全員敵に見える。

最初はいいやつだと思っても、数か月後にはだいたい嫌いになってる。

人の悪いところを探す天才なんじゃないかと思うぐらい、他人の嫌いなところが次々に浮かんでくる。

無論これは自分に対しても同様だ。

ぼくはコンプレックスの塊のゴミ人間にほかならない。

どこの職場に行っても嫌いな奴が3割ぐらいいる。

多すぎだ。

落ち込んでるときは、これが9割ぐらいまで膨れ上がる。

別に何か嫌なことをされるわけでもない。

こっちが一方的にイラついて嫌ってるのだ。

たぶん性格が腐っているんだろう。

先週ぐらいまでそこそこ仲良くしてたのに今週は大っ嫌いになってるということもよくある。

「昨日の敵は今日の友」の逆パターンだ。

昨日の友は今日の敵。

友ってほど仲良くもならないけど。

気づいたら周りの人間がみんな敵に見える。

やさしくしてくれる人間はなにか裏があるのではないかと疑ってしまう。

なんか売りつけようとしてるのか?

いつか急に態度が豹変するんじゃないか?

ほめときゃ俺をコントロールできると思ってんのか?

・・・人のやさしさをこんな穿った形でしか見れない。

みんなに好かれてるイイ人ですら敵に見える。

誰にでもいい顔するやつは信用ならない。

自分が嫌ってる人間と仲良くしてるとイライラする。

どっちかといえば少し口が悪いヤツの方が話しやすい。

だがそのうち陰で自分も悪く言われているのではないかと不安になる。

そして結局そいつも信用できなくなる。

最終的に周りが全員敵に見える。

わかったようなことを言って話を合わせてくる奴も、よくよく話してみたら全然考えが違う。

考えの合わない奴とは話したくないからこっちから距離を取る。

しかし自分と考えが合うヤツなどまずいない。

生まれて一度も本音を全て話せるような相手に会ったことがない。

ちょっと心を開けばお前は間違ってると否定される。

いつも否定ばかりされて育ってきた。

誰かに理解されたことなど一度もない。

マイノリティな考えを持つ人間を寄ってたかって叩きのめすのが人間の特徴だ。

表ではキレイごとを抜かしつつ、裏では意にそぐわない人間をなぶり続けるのが当たり前。

いつも優しいあの人も、顔を隠せば悪魔の本性が出る。

近年ではSNS等のおかげで人間の醜い部分がハッキリ見えるようになった。

人は思っていた以上に他人に不寛容だ。

誰かを信用しても必ず裏切られる。

もはやお決まりのパターンだ。

もう誰にも期待しないし、自分以外信じられない。

ボクには周りの人間が敵に見える。

自分以外の人間が敵に見える。

応援ボタン押してもらえるとけっこう励みになります^^