これで煽り運転も返り討ちだ!仕返し方法で一番ダメージが大きいのはコレ!

あおり運転に仕返し日常で役立つネタ

最近なにかと話題の煽(あお)り運転。

いざ自分が被害者になってみるとものすごく腹立たしいものです。

「仕返ししてやりたい!」

「返り討ちにしてやりたい!」

こんな気持ちになる人も多いのではないでしょうか?

ぶっちゃけボクはなります。。

とはいえ以下のような煽り運転の仕返し方法はもちろんNG。

  • 煽り返す
  • 急ブレーキを踏む
  • 信号待ちで車から降りてバトルする

あおり運転をしてきた相手だけでなく、自分や関係ない周りの人たちまで危険に巻き込みかねません。

あおり運転をする連中が事故にあうのは自業自得なので構いませんが、自分や関係ない人間まで事故にあってしまうのは良くありませんよね。

そこで今回は安全にあおり運転を返り討ちにできる方法を紹介します。

関連記事 日常生活を10倍快適にする便利グッズBest14【買ってよかった】

スポンサーリンク

あおり運転を返り討ちにする一番の方法

結論から言うと、あおり運転の仕返しに一番有効なのがドライブレーコーダーです。

「ドライブレコーダーじゃ生ぬるい!」

「もっと直接やり返さないと気がすまない!」

って思う人もいるかもしれません。気持ちは痛いほどわかります。

でも相手の立場になって考えてみてください。

直接煽り返されたりするよりも、ドライブレコーダーを警察に提出されて、罰金や懲役、免停になった方がダメージ大きくないですか?

たとえば仮に煽り返して相手をイラだたせることに成功したとしても、相手のダメージはほんの一瞬です。

相手もその日はむかついているかもしれませんが、明日になったら忘れてまた別の人間にあおり運転をしているでしょう。

一方、ドライブレコーダーによって警察に捕まることになれば、罰金や懲役、免停などを受けることになります。

一瞬しかダメージを与えられない感情的な煽り運転の仕返し方法よりも、はるかに大ダメージを与えることができるんですよ。

ゆえにあおり運転の仕返し方法はドライブレコーダーによる録画が最強なんですよね。

ちなみに以下のドライブレコーダーはamazonでベストセラーになってる商品です。

値段のわりに口コミの評価が高く、これならしっかり証拠として提出できますよ。

煽り運転の仕返しに有効なその他のグッズ

ここからはドライブレコーダー以外のあおり運転仕返しグッズを紹介しましょう。

スマホホルダー

ドライブレコーダー買うお金がないよ!って人は、下のようなスマホホルダーを車内に設置し、スマホのアプリで録画するのもいいでしょう。

ただし専門のドライブレコーダーよりは振動に弱かったり、充電切れ対策も必要になります。

ハンズフリーワイヤレススピーカー

煽られたらその場ですぐ警察に通報するというのも煽り運転の仕返し方法として有効です。

しかし運転中にスマホを操作し電話をかけるというのも危険ですよね。

そんな場面で役立つアイテムがハンズフリーのワイヤレススピーカー

これを使えばスマホを触ることなく警察と通話をすることができます。

たとえばアイフォンなら「ヘイ、シリ!警察に電話して」などと言えば、声だけでも警察に電話をかけてくれます。

このワイヤレススピーカーとアイフォンを連動させておけば、運転中でもスマホに触れずに警察と通話することが可能です。

スマホのスピーカーだけでもできないことはないですが、相手の声が聴きとりづらかったりこちらの声が届きにくかったりするので、ハンズフリーのワイヤレススピーカーを使った方が安心です。

クマよけスプレー

以下は本来クマに襲われたときに使用するもの。

ですがサルにも効果があると書いてあるので、猿と同等の知能と思われる彼らにもたぶん効くでしょう。

もちろん極力使ってはいけませんが、万が一殴られそうになったらこれで・・・

普段は熊対策に使えます。

あおり運転防止グッズ

以下のグッズは返り討ちとまではいきませんが、あおり運転を防止するのに役立ちます。

安価で手に入るので試してみる価値はありますね。

ステッカー

車の後ろに貼ることであおり運転防止効果があります。

「後方録画中」と書いたオーソドックスなものから、下の商品のようなちょっと変わったステッカーまで、いろいろ販売されています。

自分の好みのものを貼り付けると良いでしょう。

ダミーレコーダー

「ドライブレコーダーでお前の煽り運転は録画してるぞ!」

と相手に思わせるためのアイテムです。

安く手に入る代わりに実際の録画機能はついていません。

上のステッカーと組み合わせるとより有効でしょう。

煽り運転の返り討ち方法でやってはいけないもの

あおり運転に対してやってはいけない返り討ち方法もあります。

以下のような煽り運転の仕返し方法はやめましょう。

煽り運転の仕返し方法NG例
  • 一度抜かせてから煽り返す
  • 急ブレーキを踏む
  • 進路をふさぐ
  • 信号で停車したときに殴りに行く
  • クラクションを鳴らす

一度抜かせてから煽り返す

いったん先に行かせておいてそのあと後ろから煽り返してやる

・・・気持ちはすごい分かります。やりたくなりますよね(笑)

「目には目を」で同じことをやり返してやりたい!って思うことはボクもあります。

でも、実際にこれをしてもメリットはほとんどありません。

あおり運転をしてくる奴っていうのは正直頭のぶっ飛んだ連中です。何をしでかすかわかりません。

逆上して急ブレーキを踏まれたり、車から降りて殴りかかってくる可能性だってあります。

急ブレーキを踏む

「急ブレーキ踏んでビビらせてやろう!」

これもわかります。

ケツにぴったりつけやがって、、急ブレーキ踏んでやろうか!って感じで。。

でもこれをやって実際に追突されたら自分が怪我をする危険もありますし、後続の車たちにも迷惑がかかる可能性があります。

正直デメリットしかない方法です。

進路をふさぐ

「絶対お前だけは先に行かせねえ!」

気持ちはわからんでもないですが、これをやってしまうと相手もムキになって余計にむりやり抜かそうとしてきます。

そうすると危険が増すのでこれもやはりやってはいけません。

下の動画はいい例ですね。

信号待ちで車から降りて殴りに行く

ここまで行くともはや相手と同レベルです。

逆に自分が捕まってしまうでしょう。

クラクションを鳴らす

クラクションは相手を怒らせるだけです。

というか、あおり運転以外の場面でもクラクションというのは相手をとても不快な気分にさせるものです。

トラブルのもとになりやすいので公道では基本的にクラクションは使わないほうがいいでしょう。

あおり運転の仕返しは冷静にやったほうが効果が高い

以上のようにあおり運転に対して感情的な報復をするのは危険です。

直接仕返ししてやりたいっていう気持ちはものすごい分かるのですが、そこはグッとこらえてドライブレコーダーと警察を使い、大人の仕返しをしてやりましょう。

その方が相手にとってもダメージが大きく、もっとも効果的なあおり運転の仕返し方法となるでしょう。

共感した!役立った!