パソコンだけwifiが遅い状態が〇〇を使ったら10倍以上速くなった

生活に役立つグッズ

ここ数年「パソコンだけwifiが遅い」という状況が続いていました。

遅いだけならまだしも、”パソコンだけwifiが頻繁に切れる”という超イライラ案件も続発。

スマホ(iPhone8)ではwifiを使ってもそこまで遅さを感じないのに、なんでパソコンだけwifiが遅いんだろう?

グーグル先生に協力してもらい、いろいろ対処法を試してみるものの一向に早くなる気配はナシ。

ルーターが古いのも原因の一つだとは思うけど、それならiPhoneも遅いはずだよなぁ…と考え、最終的には

「パソコンに内蔵されてるwifi機能が悪い」

という結論に至りました。

これを改善したところ…

スポンサーリンク

パソコンだけwifiが遅いときの解決法

結果から言うと速度が最大10倍以上に跳ね上がりました。

「パソコンだけwifiが遅い」という現象は見事に解決できたワケです。

ちなみに使ったのはこれ↓

『USB無線LAN子機』というアイテムですね。

もっと性能がいいモデルもありましたが、経済的な事情と「もし効果がなくてもこの価格なら…」という理由でこの手頃なモデルを選択。

TP-Linkっていうメーカーはこの分野じゃ定番らしいです。

パソコンのwifi感度を上げる

使い方はメチャクチャ簡単で、パソコンについてるUSBポートにこれをぶっ刺して、いつものwifiにつなげるだけ。

これだけで「パソコンだけwifiが遅い現象」が解決しました。

パソコンだけネットが遅いのを解決

インターネット回線速度はFast.comというサイトを使うか、グーグル検索で「speedtest」と検索すれば一瞬で計測できます。

毎回数値の揺れ幅がけっこうあるので、時間をおいたりして何回か測ってみるといいでしょう。

ちなみに速さの目安は一般的にこんな感じと言われています↓

用途快適に使える速度
メール・LINE128Kbps~1Mbps
WEBサイト閲覧1~10Mbps
動画サイト閲覧5Mbps~30Mbps
オンラインゲーム50Mbps以上
※他にping値という指標もありますが長くなるので割愛

iPhoneでは10Mbps~20Mbpsほど出ていたのですが、パソコンの場合だと…

2.1mbps…これでもまだマシな数字…
0.15なんてヒドい数字もザラ…

使用前は0.1mbpsから8mbpsという低速っぷり。

とくに休みの日や夜中の時間帯は1mbpsすら出ないことが頻繁にある状態だったのが…

30Mbpsを楽々超える!
時間をおいてもやっぱり30超え

常時30mbps以上出るようになりました。

40mbpsを超えることもボチボチ。

これは体感的にも以前とは全く別物です。

youtubeなどの動画サイトでは再生中に止まることが多かったのですが、それが一切なくなり、

重すぎて話にならなかった4K動画も割とスムーズに。

もちろんWebサイト閲覧も超快適サクサク状態。

そして何より作業中にwifiが切れるということがなくなりました^^

ちなみに調べていく中で分かったのですが、ボクの使っている”Lenovo ideapad S540”は「Wifiが遅い」「Wifiが頻繁に切れる」という声が5chなどに多数あがっていました。

ルーター(親機)の問題でなく”パソコン内蔵のwifi性能が悪い”というのはけっこうあるっぽいです。

応援ボタン押してもらえるとけっこう励みになります^^