「人を見た目で判断するな」は100%間違いだ

人を見た目で判断するなこれっておかしくない?

「人を見た目で判断するな!」

学園ドラマのヤンキーなんかがよく口にするセリフですね。

っていうか現実世界でも、このセリフをそのまま言ってる人を何回か見たことあります。

でもぶっちゃけその人たちって、よくよく話したりしてみると、やっぱ見た目で判断した通りの性格なんですよね(笑)

今まで30年ちょい生きてきて、いろんな人と出会ってきたけど、やっぱ人は見た目です。

スポンサーリンク

「人を見た目で判断するな」という人の矛盾

「人を見た目で判断するな!」っていう人って、だいたいド派手な格好だったり、ヤンキー丸出しの恰好だったりします。

金髪ピアスマンのA君がある日こんなセリフを口にしていました。

「見た目だけ見てチャラそうとか言われるとムカつくんだよね」

・・・

・・・?

・・・だったらその格好やめればいいだけなんじゃないの?

元々の顔の造りとかで言われてるならともかく、自分で好んで「チャラい」といわれるような恰好をしているのに、「チャラいって言われたくない」とか意味がわかりません。。

そもそも見た目で判断されたいから、わざわざそのド派手な色に髪染めてるんじゃないの?

見た目で判断されたくないなら染める意味が分からんよね。

ボクも学生時代に髪を染めたことはあるけど、それは「イケてる」とか「おしゃれ」とか思われたいっていう理由があったから。

言い換えればそれは「見た目で判断してほしい」っていうことでもあります。

「見た目で判断するな」っていうなら、

  • ひげは伸びっぱなし
  • 髪はボサボサ
  • 寝ぐせも起きたときのまんま
  • 鼻毛も伸び放題

ぐらいの格好で言ってくれないと説得力がありません。

ある程度身だしなみに手を入れてる時点で、多かれ少なかれ「見た目による判断」をされたいと思ってるわけですから。

人を見た目で判断するな

見た目で人を判断しない人なんかいない

そもそも見た目で人を判断しない人なんていません。

たとえば目の前の人を女性か男性か判別するとき、何で判断するでしょうか?

見た目ですよね。

あるいは目の前の人がどのぐらいの年齢か判断するとき、これも見た目で判断しますよね。

また、人は無意識のうちに性格も見た目で判断しています。

たとえば、あなたはある会社の面接官になりました。

そこに30代ぐらいのゾゾスーツを着た男が面接会場にやって来たとします。

おまけに髪はピンク色で腰まである超ロン毛。

人を外見で判断するな

・・・彼を採用しますか?

普通に考えれば不採用。

逆に面白いからあえて採用するという変人もいるかもしれません。

でも実はこの段階で採用・不採用を判断してる時点で、

あなたは人を見た目で判断してることになります。

・・・そしてこの判断は間違っていません。

この男が良くも悪くも「マトモ」じゃないのは見た目だけでも判断できますよね?

ここまで極端な例でなくても、たとえば知らない人に道を尋ねるときなんかは、やっぱり「優しそうな外見の人」を選ぶと思います。

チンピラみたいな人に道を尋ねる人はまずいないでしょう(自らも同類だという場合を除いて)

「なんかこいつの顔むかつくな」って思ったらだいたい性格もむかつく

あなたの人生の中で、出会った瞬間から

「なんか性格悪そうな顔だな」

とか

「ん~、なんかコイツ嫌だな」

って思ったことってないでしょうか?

ボクはしょっちゅうあります。

・・・まあでも人を見た目で判断するのはよくないな…と思い、何度か会話をしてみます。

すると毎回決まった結末を迎えます。

「やっぱコイツ性格悪いわ!」

はい、100%です。

コイツ性格悪そうだなって思った奴は、実際に話してみると100%性格が悪かったです。

人は内面が顔に出る

「人は内面が顔に出る」ってよく言われるけど、ボクはこの説に1000%同意。

それを裏付けるちょっと不思議な体験もしています。

ある日、職場のロッカーで着替え中、となりに若い男がやってきました。

なぜかそのとき

「なんかこいつモノ盗みそうで嫌だな」

という感情が突然わいてきました。

別に何か話したり何かされたワケでもないのですが、なぜか思ったんです。

数か月後、その男は窃盗でクビになりました。

あとから発覚したのですが、何度も職場内で窃盗を繰り返していたとのこと。

あのとき沸き上がった感情は間違いではなかったのです。

…まあこれはあくまでボクの「嫌いセンサー」の的中率なので、ほかの人の「嫌いセンサー」の精度がどれぐらいなのかはわかりません。

ただボクの「なんかコイツ嫌だな」は100%的中します。

芸能人とかでもそうです。

この人性格よさそうだなあって顔の人は「スタッフに対する対応が評判良い」みたいな記事が良く出てくるし、

逆に「コイツ性格悪そうな顔だな」って思ってる人は、なんかの拍子に性格の悪さがバレて炎上したり、薬で逮捕されたりってのがホントによくあります。

というようなことから、ボクは内面が顔に出るという説は正しいと思ってますね。

「人は人を見た目で判断する」というのは変えられない事実

人は人を見た目で判断するのは紛れもない事実で、多かれ少なかれ人間なら誰しもがやっていることです。

じゃあ「見た目で判断されるのがイヤだ」と思ってる人はどうしたらいいのか?

見た目を変えればいいだけです。

たとえば「チャラい」と思われるのがイヤなら、メチャクチャ真面目そうな格好をする。

たとえば黒髪に銀縁メガネ…これだけでも真面目そうなイメージになります。

逆に真面目に見えるのがイヤだ!というなら髪を派手な色に染めればいい。

これだけで不真面目っぽさがグッとアップ。

あるいは染めるまでしなくても、髪をワックスでいじるだけでもかなりイメージは変わってきます。

まとめ:人は見た目が9割だ

結局ボクは人は見た目が9割だと思ってます。

ひどい偏見だと思う人もいるかもしれないけど、ボクの経験だと「人を見た目で判断」して大きく間違ってたことは一度もありません。

とくに「見た目で判断するな」とかいう人は、皮肉なことに見た目通りの性格をしてます。

まあ要するに何が言いたいかっていうと

「人を見た目で判断するな」

なんて言われても、

そんなもん無理に決まってんだろ

って話です。

コメント

読んでいただきありがとうございます♪

応援していただけると管理人のモチベーションが上がり、更新頻度が上がります^^↓