木のスプーンが嫌いすぎて鳥肌が立つ

木のスプーン これっておかしくない?

コンビニとかでアイスを買った時についてくる木のスプーンが嫌いです。

小さくて食べにくいとかそういうことではなく、手でさわった感触が嫌いなのです。

とくにツメに当たるともう気分は最悪。全身に鳥肌が立ちます。

・・・まあ別に触ったからといってなにかアレルギーが発症したりとか、そういうわけではないのですがとにかくなんか嫌なのです。

どういう風に嫌なのか?と聞かれても説明できません。

自分でも理由は分かりませんがなんとなく嫌なんです。

まわりの人間にもこの話をしたことがあるのですが、当然理解されたことはありませんでした。

ただネットで調べたところ、こういった感覚を持つ人はほかにも一定数いるようです。

スポンサーリンク

アイスの木の棒も苦手

パルムとかガリガリ君とかのバー系アイス(?)を支えているあの「木の棒」

あれも苦手です。

歯でかんじゃったときなんかもう最悪!

ただそれ以上に食べたいという気持ちの方が勝ってるから結局買っちゃうんだけどね。。

あれプラスチックの棒にしてくれないかな~

木っぽい紙が嫌い

嫌いなのは木のスプーンやアイスの棒だけではありません。

木っぽい紙も嫌いです。

木っぽい紙ってなんだよ

って思う人もいるかもしれません。

紙っていったら全部木ですが、その中でもとくに木っぽい紙があるんですよ。

わかりますかね?

なんかツルツルした紙ではなくてザラッとした「木っぽさ」MAXの紙なんです。

古い本を買った時なんかにたまにこういう「木っぽい紙」でできた本に出くわすことがあります。

Amazonで買った本がそういう紙質の本だったときは

「うわっ、木っぽい本じゃんかよ」

って思ってテンションが下がります。

まあ「木っぽすぎて読めない!」みたいなことはないんですけどね。

とにかく触り心地が嫌なわけです。

木のスプーンはどのぐらいの嫌いレベルか

嫌いって言ってもどのくらいの嫌いレベルなのか?

と聞かれたらまあぶっちゃけ我慢できるレベルの嫌いレベルです。

気持ち悪いけど絶対使えないってほどではない。

嫌いレベルで行ったら

犯罪者>>>>>虫>>>ネギ>>雨>>>木のスプーン

こんな感じ。

左に行くほど嫌いレベルが高いです。

ちなみにネギは我慢できないレベルの嫌いです。

木のスプーンが嫌いな原因は?

調べてみたところ原因は不明だそうです。

ただ一説によると木のニオイに反応してるっていう説もあります。

確かに鼻はかなり効くほうなのでその説が正しい可能性もなくはないかも?

体感としてはニオイというより「触感」が嫌なんですけどね。

まとめ

以上、木のスプーンとか木っぽい紙が嫌いって話でした。

まあ嫌いって言っても我慢できるレベルの嫌いさです^^

コメント

読んでいただきありがとうございます♪

応援していただけると管理人のモチベーションが上がり、更新頻度が上がります^^↓