ツーリング中のおすすめ休憩場所6選!効果的な休憩方法も紹介

ツーリングノウハウ

バイクでツーリングをする場合、ある程度の距離を走ったら休憩をとらないと、疲労がたまってしまい、体が痛くなったり、集中力がなくなったりして、その結果大きな事故につながりかねません。

そこで今回はツーリング中に休憩できるおすすめの場所を紹介します。さらに記事の後半では疲労回復を早める休憩方法も紹介いたします。

スポンサーリンク

ツーリング中に利用できる6つの休憩場所

コンビニ

休憩をとるのに一番入りやすいところがコンビニです。コンビニは全国のいたるところにあるので、気軽に立ち寄ることができます。ゆっくり休憩できるようになるべく大きな駐車場のあるコンビニがおすすめですね。

最近のコンビニはイートインといって店内で食事をできるテーブルと椅子が備え付けられている店も多いので、そこで何か食べながら休むのもいいですし、駐車場に停めたバイクに座って一休みするのもいいでしょう。

コンビニのレジ前にある揚げ物はうまいよね

公園

公園もツーリング中の休憩にはうってつけの場所です。公園にはたいていベンチが置いてあるので寝転ぶこともできますし、座ってボーっとしてるだけでも疲れはかなり取れます。

特に平日の昼間の公園は人が少なくてとてもリラックスできますね。

漫画喫茶

こちらは有料になりますが、その代わり疲れはかなり取れます。30分程度なら200円~300円ほどで個室でゆっくりできる店も多いですね。

あるいは、宿が見つからなかった場合や宿泊料金を安く抑えたい場合にはここで一晩泊まることも可能です。だいたい料金は1500円~2000円前後で泊まれるところが多いです。

また、ネットや漫画が読めるのはもちろん、ドリンクバーや無料ソフトクリームが食べられる店もあるので、いい気分転換にもなります。

漫喫はホント便利だよなあ

道の駅

道の駅も休憩場所として利用できます。駐車場が広く、さらに無料で利用できるので、バイクに寝っ転がってゆっくりしたり、お土産屋さんなんかに行って気分転換するのもいいですね。

また道の駅によっては温泉や足湯なんかがある場所もあるので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

道の駅巡りをしてみるのも面白いね

サービスエリア・パーキングエリア

高速道路を走る際はサービスエリアやパーキングエリアに立ち寄りましょう。とくにおすすめはサービスエリアですね。サービスエリアは軽食屋やフードコートが充実しているので、高速走行で疲れた体にエネルギーを補充させることができます。

一方パーキングエリアはサービスエリアよりも施設は少ないですが、人も少なく落ち着いているので、食事や買い物の必要がない場合はパーキングエリアでゆっくり休むというのもアリですね。

高速は一般道よりもスピードが出ているため風の抵抗を受けやすく、疲労も普段よりたまりやすくなります。すこしでも疲れがたまってきたと思ったら、すぐにサービスエリアやパーキングエリアで休憩を取りましょう。

高速走ってると目がすごい乾燥するんだよね

ファーストフード店、ファミレス

マックなどのファストフード店やファミレスで何か飲み食いしながら休憩するのも、かなりいい休憩になります。

とくに体が冷え切った冬のツーリングなんかだと店の中に入るとあったかくて安心します。

ツーリングに行くとほぼ必ず一回はマックに行くね

どのくらい走ったら休憩をとるべき?

その人の体力や環境なんかにも寄りますが、基本的には1時間~2時間に一度取るのがいいでしょう。あるいは体が痛くなってきたり、眠気が差してきた場合はすぐに休憩を取りましょう。5分程度でもいいので、すこし休むだけでも全然違ってきますよ。

休憩中は何をすればいい?

休憩中は基本的に何をやっても構いませんが、下記のことをやるとより効果的に疲労を回復することができます。

ストレッチ

走行中は常に同じ姿勢で乗車しているので、体あちこちが固くなり血行が悪くなっています。なので、ストレッチをして体をほぐすと疲労の回復を早めることができます。

水分補給

水分が不足すると集中力が欠けてしまうため、事故を起こしやすくなってしまいます。こまめに水分補給をしましょう。

夏場はとくに熱中症の危険があるから多めに飲んだ方がいいね

目を休める

バイクを運転していると常に目を使っているので、まばたきが少なくなり目が乾燥します。まばたきを多めにしてみたり、目をしばらく閉じてみたりして目を休ませましょう。

地図の確認

休憩時間を利用して目的地への経路を再確認するのもいいですね。

腹ごしらえ

水分不足と同様、空腹状態でも集中力は下がってしまい、事故のリスクが上がります。しっかり食事をとり、体力や集中力を回復させましょう。

ただボーっとする

ただボーっとするだけでもかなり疲労は取れます。

横になる

やっぱり横になるのが一番疲労回復には効果がありますね。横になれる場所は限られますが、どうしてもなければ、バイクの上で寝っ転がるという選択肢もあります。

バイクの上に寝るって最初は難しそうに見えますが、やってみたら案外簡単にできます。

いろんな寝方があると思いますが、一番オーソドックスな寝方は足をハンドルにかけてシート側を頭にして寝る方法ですね。その際、頭側にシートバッグやリュックサックなどを枕代わりにおいておくと寝やすいです。

また、ハンドルに足をかけるのに抵抗がある人は足は地面におろしてもかまいません。

慣れたらバイクの上でも余裕で寝れるぜ!

おわりに

以上、ツーリング中のおすすめ休憩場所と効果的な休憩方法を紹介しました。

ツーリング中は目的地に到着することをあせってしまい、休憩を怠りがちですが、事故を起こしたり、体を痛めたりしないためにも休憩はしっかりととりましょう。

コメント

読んでいただきありがとうございます♪

応援していただけると管理人のモチベーションが上がり、更新頻度が上がります^^↓