「逆張り」という言葉が嫌い

最近ネット上でよく目にする嫌いな言葉がある。

「逆張り」という言葉だ。

逆張りとは、あえて・・・一般論と逆の意見を言って注目を集めようとすること。

昔話題になった「遠藤ちゃんねる」なんかは典型的な逆張りで、本人も意図的に逆張りをしていたと認めている。

しかしこの言葉が最近は誤った使い方をされているのだ。

スポンサーリンク

逆張りという言葉が嫌いな理由

ボクが逆張りという言葉が嫌いな理由。

それは単なるマイノリティな意見を、安易に「逆張り」と決めつける人間が多いからだ。

自分の理解できない少数派意見はすべて逆張り認定し、そこで勝手に自己完結する。

実につまらない人間だと思う。

論理的に否定するならともかく、自分と違う意見をすべて「逆張り」で片づけるというのは、まさに思考停止そのもの。

オカシイと思うなら自分の言葉で論破すればいい。

それができないから「逆張り」というレッテルを貼って、自らの頭で考えることから逃げているのだ。

自分の頭で考えることができず、常識を正しいものと信じて疑わない。

そのクセ声だけはでかい。

こういうタイプの人間が最も癇に障る。

逆張りと言われる人のほとんどは普通のことを言ってるだけ

たとえば有名人でよく逆張り認定されるのがホリエモンや太田光だ。

だがほとんどの場合、彼らはきちんと論理的に筋道立てて話している

たまたまそれがマイナー意見だっただけで、あえて逆のことを言ってるワケではないというのは、ある程度の理解力があればすぐに分かるだろう。

なぜそう言い切れるか?

ボク自身が彼らと同じ意見になることが多いからだ。

誰かの意見を気にしてあえて逆の意見を言ったり、彼らの意見を聞いてボクが考えを変えたとかではない。

ふつう”に考えたら同じ意見になってただけなのだ。

たまたま世間一般のマジョリティと僕らの考えがズレてることが多いだけで、あえて逆の意見で行こうなんて考えをしたことは一度もない。

そもそも自分でモノを考える時に、世間の意見なんてもんは全く無関係。

世論なんて常にいい加減でコロコロ変わり、何の信念もなけりゃ、その考えに至る合理的な基盤もないからだ。

僕らは自分の頭で考えて、それを発信してる。

ただそれだけに過ぎない。

コメント

運営者の精神が崩壊したので応援していただいても更新しません。