バイク初心者にありがちなこと10パターン

バイク

バイクに乗り始めたばかりのころっていろんな失敗をしがちですよね。

そこで今回は思わず「あるある」と言ってしまうようなバイク初心者にありがちなこと10パターンをまとめてみました。

バイク初心者あるある!ありがちな失敗10選

発進時にエンストしてあせる!

初心者が最もやりがちなあるあるが信号待ちからの発進時にエンストしてしまいパニックになるというパターンです。後ろの車にクラクションをならされるとさらにあせってしまいますよね。

初心者のうちは何度もエンストしてしまいますが、回数を重ねていくうちに自然にエンストすることは少なくなってきます。(ベテランライダーでもエンストすることはたま~にありますが)

停車時に両手を離して立ちゴケする

停車時に両手を離してリラックスしている時に突然バランスを崩して立ちゴケ!というのはけっこうあるあるです。これは全くの初心者というよりもちょっと慣れてきたころに起こりがちなパターンですね。

停止状態からの転倒なので体や車体へのダメージは少ないですが、「何もないところで転んだ」という恥ずかしさからの精神ダメージはけっこうデカいです。

タイヤの空気の入れ方がわからなくてそのうちパンク

初心者のときってタイヤの空気の入れ方ってぶっちゃけわかんない人も多いと思います。で何となくそのまま走り続けてそのうちパンク→バイク屋へ!っていうパターンは割とあるあるなんじゃないでしょうか。

今はYoutubeなどでも空気の入れ方が紹介されているのでそれを見て自分で入れてみましょう。できれば1か月に1度は空気圧チェックをした方がいいです。

バイクのタイヤの空気の入れ方:簡単な空気圧チェック方法

初めてガソリンを入れるときめっちゃ緊張する

ガソリンの入れ方って教習所で教えてくれないですから、初めてだとけっこう戸惑うと思います。僕もYoutubeで何度もやり方を確認してからガソリンスタンドに行きました。

で、実際やってみたらなんてことなかったです(笑)フルサービスの店で店員さんに入れてもらうのもいいですが、一回覚えてしまえばセルフの方が断然楽だと思うのでこれもYoutubeの動画を見て覚えちゃった方がいいですね。

初心者講座7:原付き&バイクの給油方法【アドレスV50】

ハイギアのまま急カーブの登り坂を上ろうとしてエンスト

峠などに行くと高確率で「急カーブの登り坂」があります。

スピードを出したままだと曲がり切れないので減速することになるのですが、この時ハイギアのままで減速しカーブの途中でエンスト&転倒というパターンはけっこうやりがちです(僕もやりました)。

急カーブの登り坂を走るときはカーブに入る前にギアを十分に落としておきましょう。

かっこつけてバイクに飛び乗ろうとして転倒

バイクに飛び乗る男

かっこつけてバイクにジャンプして乗ろうとして転倒!

これはめちゃくちゃかっこ悪いです。

っていうかただのアホですね。

バイクの種類が多すぎてどれを買ったらいいかわからない

バイクっていろんな種類がありますけど初心者だと何が何だかよくわからないですよね。僕なんか「スクーターって何?」って感じでATとMTの違いすらまったくわからなかったです。

バイクの種類に関して知りたい方は下の記事にわかりやすく書いてあるので参考にしてください。

左端を走りすぎて怖い目にあう

「バイクは左端を走るもの」って思ってる人が割と多いですが、実はこれめっちゃ危険なんですよね。というのも車からすると左端を走ってるバイクってスゴイ抜きたくなるんです。

その結果、横から無理に追い抜かれたり、あおり運転に合いやすくなるなど危険な目にあいやすいんですよね。なのでバイクで走るときは車線の中央を走るのが一番安全です。

中央を走るバイク
左端ではなく赤いラインを走るのがベスト

後方確認の重要性がわかってない

教習所では右左折するときや進路変更するときなど後方確認をするように言われます。で、言われたからしかたなく教習中はやってたけど実際路上に出たらやらない、っていうライダーが意外といるのですが、後方確認をせずに右左折や進路変更を行うことはめちゃくちゃ危険です

自分の気づかないうちに車や歩行者・自転車はバイクの後ろにいます。それに気づかず突然進路変更などすると、バイクと接触してしまい大事故につながる可能性が高いです。

中にはミラーで確認してるから大丈夫だと思ってる人もいますが、実はミラーには死角が多いです。下の図のように自分の斜め後ろにいる車や歩行者は全く見えません。

バイクの死角

なので右左折や進路変更をする際は必ず目視で後方確認をするようにしましょう。

高速に乗るのが怖い

初心者のうちはバイクで高速に乗るっていうのはめちゃくちゃ怖いと思います。僕も初めて高速に乗った時はかなりビビってたのを覚えています。

でも実際乗ってみたらなんてことないです。というかむしろ一般道よりも高速の方が安心です。

というのも高速では歩行者がいたり信号があったりという事がなく、ただ一定のペースで走ってればいいだけなので、事故発生率は実は一般道よりも高速道路の方がはるかに少ないんですよね。

おわりに

以上、バイク初心者にありがちな10パターンを紹介しました。

ちなみに上の10パターンはほぼ全部僕自身が経験したことです(笑)

最初はみんな失敗だらけですが、乗っているうちに必ずうまくなっていくので心配いりません。どんどんバイクに乗って上手くなりましょう。

コメント