カプセルホテルの上段と下段、おすすめはどっち?

ひとり旅

カプセルホテルといえば、上段と下段の部屋がありますが、どっちにしたらいいか迷いますよね。

そこで、今回はカプセルホテルの上段と下段それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

カプセルホテルの上段のメリット

騒音が下段より少ない

上段の場合、下段よりも騒音が少ないです。

というのも、下段の場合は他の客の歩く音や上段の客がハシゴを上ったり下りたりする音がして、なかなか落ち着きませんが、上段の場合はそれらの音は下段よりも少ないです。

深い眠りにつくには騒音が少ないっていうのは重要だね

間違えて入られる可能性が少ない

ごくまれに他の客が部屋を間違えて入ってくるというケースがありますが、これはほとんど下段で起こる可能性が高いです。

下段の場合は簡単に出入りできるため、あまり番号を見ないで入っちゃったりする人がいるんですよね。ですが、上段の場合はわざわざハシゴを上る必要があるので、これが発生する可能性はほとんどないです。

自分が間違えて入っちゃうリスクも減るよね

防犯性が高い

ハシゴを上るのはけっこう音が鳴るし、周りにも目立つので不審者が入ってくる危険は下段よりも少なくなります。

まあ不審者がカプセルホテルに入ってくるということは、ほぼないとは思いますが、それでもなんとなく安心感はあります。

不審者もリスクは少なくしたいだろうからね

カプセルホテルの上段のデメリット

ハシゴを上り下りするのが面倒くさい

一番のデメリットはやはりこれですね。いちいちハシゴを使って上り下りするのはけっこう面倒くさいです。

とくに荷物を持って上り下りする場合はけっこうしんどいですね。

まあ上り下りって言っても10秒もかからないんだけどね

転落の危険がある

ハシゴは結構幅が狭いため、寝ぼけた状態だったり、ボーっとしたまま上り下りすると足を滑らせて大けがにつながる可能性があります。

高所恐怖症の僕にとってはこっちの方がデメリットかな

下段の人に気を遣う

動くたびに下段に音が響いているんじゃないかとけっこう気を使います。僕の場合は起き上がったり着替えたりするのも、なるべく音を立てないようにけっこう神経使いますね。

特に夜中の場合、音を気にしてトイレや水分補給に行くのをためらうこともよくあります。

あんまり頻繁に出入りはしづらいね

カプセルホテルの下段のメリット

出入りが楽

一番のメリットはなんといってもこれですね。ハシゴを使わないので出入りが楽です。

上段よりも気を遣わなくてよい

上段の場合は下段への物音を気にして、身動きがとりづらいですが、下段の場合は下に誰もいないため、上段ほど気を遣わずにゴソゴソできます。

とはいっても大きな音は立てられないから多少は気は使うけどね

夜中でもトイレや水分補給に行きやすい

出入りするのに音がほとんど出ないため、夜中でも部屋の外に出やすいです。

これはけっこう大きいね

カプセルホテルの下段のデメリット

騒音が気になる

他の客の足音や、とくに上段の人が身動きする音が結構響きます。上段の人が気を使わないタイプの人で、頻繁にゴソゴソする人の場合イライラMAXです。

これは運次第だね

間違って入ってくる人がごくまれにいる

ごくまれに間違って他の客が入ってくるケースがあります。下段のほうが簡単に出入りできるため、上段よりも起こる可能性が高いです。とはいっても滅多に起こることではなく、可能性はほぼ0に近いです。

まあでもなんとなく落ち着かないよね

防犯性が弱い

ハシゴを使わないで音無しで出入りできるため、不審者に入ってこられる危険はどうしても上段よりも高くなってしまいます。

わざわざカプセルホテルを狙う不審者っているのかなとは思うけど

上に人がいると落ち着かない

上に知らない人がいると思うと、なんとなく窮屈に感じて落ち着かないという人も多いです。

なんか圧迫感を感じるのかな

まとめ

上段、下段どちらにも長所と短所があります。どちらが良いとは一概にいえませんが、とにかく静かにぐっすり眠りたい人は上段のほうがおすすめです。

逆に頻繁に出入りする人や、ハシゴを上るのが怖い人は下段を選ぶのも良いでしょう。

コメント