パクリとオマージュの違い[良いパクリと悪いパクリとは?]

パクリとオマージュの違いその他いろいろ

この世界には良いパクリと悪いパクリが存在する。

良いパクリは「オマージュ」「パロディ」と呼ばれる。

これらの違いは一体何なのだろうか?

スポンサーリンク

パクリ、オマージュ、パロディの違いって何?

パクリ、オマージュ、パロディの違いは簡単に言うとこんな感じだ↓

  • パクリ・・・盗んだもの
  • オマージュ・・・尊敬を交えて模倣したもの
  • パロディ・・・ユーモアを交えて模倣したもの

ただし、どこからどこまでがパクリだ、オマージュだ、と明確に別れてるわけではない。

ハッキリ定義が決まっているわけではなく、人によって境界線がけっこう曖昧だったりする。

だからこれらの言葉にこだわりすぎるのも正直ナンセンスだ。

そこで今回は、わかりやすく「良いパクリ」「悪いパクリ」と言う言葉に分けてみた。

良いパクリ(パロディ・オマージュ)

良いパクリと悪いパクリの違いは、大きく分けてこんな感じだろう↓

  • 原作者に損害がないorプラスになる→良いパクリ
  • 原作者が損するor不快になる→悪いパクリ

まず先に、良いパクリ(パロディ・オマージュ)の例から紹介していこうと思う。

漫画の模写

たとえばこのブログでは、有名な漫画の名シーンを自分で描いて、それを挿絵として使用することがよくある。

著作権的には微妙なラインだ。

しかしこれを訴える人間はまずいないと思われる。

なぜなら、この絵を使われることによって損する人がいないからだ。

原作者側からすれば、作品における一コマを名シーンとして引用されるのは、決して悪いことじゃないはず。

見方によっては、むしろ作品の宣伝になってると言えなくもない。

もしこういったものを全て規制したら、コミケなんてものは成立しないだろう。

ゲーム配信者は著作権違反?

YouTubeのゲーム配信なんかはまさに同じ理屈。

実はアレも著作権違反になるのだが、実際に訴えるゲーム会社はまずいない。

メリットがないからだ。

むしろゲーム配信者が広めてくれたほうが、ゲームの売り上げアップにつながる。

言ってみれば、広告費無しで宣伝してもらってるようなものだ。

つまり制作者側にも利益があるから、あえて黙認しているのである。

ギャグ漫画のパロディ

ギャグ漫画に他の作品が登場することはよくある。

これもリスペクトからくるオマージュ・パロディとみなされる。

たとえば「銀魂」では、ドラゴンボールやワンピースといった別作品のキャラクターが頻繁に登場する。

これは言うまでもなくパロディの一環だ。

それに対して「著作権が…」などという野暮な人間はまずいないだろう。

パロディされた側の著者も、むしろネタにしてもらって嬉しいのではないだろうか?

にょろえもんはドラえもんのパクリ

ドラえもんとにょろえもんの違い

当ブログの不人気マスコットキャラ「にょろえもん」は、言うまでもないがドラえもんのパクリである。

ぶっちゃけた話、ドラえもんを緑にして、若干キモい感じに仕上げただけだ。

だがこれは悪質なパクリとは言わないだろう。

名前からして明らかにドラえもんのパロディだと分かるし、うまい棒のアイツがOKなら”にょろえもん”もOKだろう、というのもある。

↑うまい棒のアイツ
画像引用:うまい棒公式サイトより

そして何より、このキモキャラ(にょろえもん)によって、藤子先生に損害が及ぶとはとても思えない。

こんな知名度0の不人気キャラなんてどうでもいいだろう。

万が一訴えるとすれば、順番的に”うまえもん”が訴えられるのが先だ。

悪質なパクリ(盗作)

一方悪質なパクリとはとんなものか。

偽物であることを隠して発表する、あるいは本来の制作者に損害を与えるようなパクリだ。

そこに尊敬や愛情は存在しない。

良質なパクリとの大きな違いは、原作者にバレたら困るということである。

Web上にあふれるパクリサイト

あなたもこんな経験はないだろうか?

Webで何かを検索していて、複数のページを見る。

「ん?これさっき見たページと言い回しが若干違うだけで、内容そっくりだな…」

こういったページが、まさに悪質なパクリである。

この場合、どちらかのサイトが他人の書いた記事を盗用している。

そしてパクリだとバレないように、少しだけ言い回しや順番をイジり、自分のサイトの記事として発表したのだろう。

原作者側からしたら、苦労して書いた記事をパクられるのは非常に不快である。

さらにパクられたページのせいで、自分の記事の検索順位が下がることも考えると絶対に許せない。

他人の作品をあたかも自分の作品かのように発表し、それによって利益を得る。

これが悪質なパクリだ。

パクリの線引は難しい

今紹介したようなケースは、明らかに悪質なパクリだと断言できる。

しかし中には、悪いパクリだと断罪していいものか微妙なケースも有る。

たとえば音楽の場合。

有名なアーティストの楽曲の中にはパクリと言われる楽曲も多い。

実際に聞いてみると、確かにそっくりなものがある。

だがこれを全て悪質なパクリと言っていいのだろうか?

というのも、現在この世界には何億という曲が存在しているが、一方で使える音階の数は限られている。

この条件でまったく被らない音楽を作れという方が難しいだろう。

よく探せば必ずどこか似たようなフレーズは出てくるはずだ。

あるいは本人にその気がなくても、無意識にパクってしまってる…というケースも、ありえない話ではない。

ボクもかつて鼻歌でオリジナル曲を作っていたことがある。

「これミリオン行くわ!オレ天才なのかな?」

と思うような作品をいくつも作り上げてきた。

しかし数分後、実はどっかで耳にしていた曲だと気づく。

「あ、これよく考えたらミスチルの曲じゃん」

こんなことばかりだった。

なんでもかんでもパクリ認定するな

人は何かを学ぶとき、たいていの場合「模倣」することから入る。

どんな偉大な芸術家も、最初は誰かの作品を真似するところからスタートだ。

そして多くの作品を模倣した上で、ようやくオリジナリティというものが出てくる。

名作と呼ばれる作品も、0からすべてを創造したわけではなく、誰かから何かしらのインスパイア(影響)を受けてるわけだ。

たとえば

  • 〇〇の漫画は〇〇先生の漫画に絵が似てる!
  • あの漫画はストーリーが〇〇と同じだ!

という作品はよくある。

しかし先程述べたことを考えれば、影響を受けた漫画に作風やストーリーが似てしまうのは、当然といえば当然だ。

それにこれだけ多数の漫画が出回ってる中で、どの漫画とも全く被らないストーリーを考えるというのは難しい。

こうしたものを全てパクリと非難してしまっては、もはや創作など不可能になってくる

仮に「完全に新しいアイディア」しか認めないような世の中になれば、奇をてらっただけの退屈な作品があふれ返ることになるだろう。

良いパクリと悪いパクリの違いまとめ

以上、良いパクリと悪いパクリの違いを話してきた。

最後におさらいすると、良いパクリ(パロディ・オマージュ)は以下の通りだ。

良いパクリ
  • 原作に対して愛情や尊敬の念がある
  • その作品によって原作者が損することはない
  • 原作者の前で堂々と発表できる
  • 元ネタがあることを隠さない

一方で、悪いパクリ(盗作)は以下のものになる。

悪いパクリ
  • 原作に対して愛情がない
  • その作品によって原作者に損害が発生する
  • 原作者の前で発表できない
  • 元ネタがあることを隠す
  • 盗んだものを自分の手柄にして利益を得る

世の中にはパクリなのかどうか微妙なケースも多く存在する。

だがブロガーとしてこれだけは正しいと断言できる。

他人のブログ記事をコピーして、言い回しや順番だけを変える行為は悪質なパクリだ!

コメント

運営者の精神が崩壊したので応援していただいても更新しません。