虫がいないキャンプ場に共通する5つの条件

虫がいないキャンプ場の条件 ひとり旅
にょろえもん
にょろえもん

キャンプ行きたい!でも虫嫌いなんだよなぁ。。

最近は虫が嫌いな人って多いですよね。

ボクも虫が大の苦手!

写真上の虫ですら気持ち悪くて「さぶイボ」が出てくるようなヘタレです^^

そこでさっそく今回のテーマなんだけど、

「虫がいない(少ない)キャンプ場」

これを探してみました。

スポンサーリンク

虫がいないキャンプ場の条件5つ

虫がいないキャンプ場の条件

虫がいない条件のキャンプ場の条件とはどのようなものか?

以下が一般的にいわれる「虫が少ないキャンプ場」の条件です。

  • 気温が低い
  • 標高が高い
  • 木が少ない
  • 湖・川がない
  • 近くに牧場がない

気温が低い

虫が発生する条件として一番デカいのが気温です。

基本的には気温が低いほど虫は少なくなります。

  • 10℃以下・・・虫ほぼゼロ
  • 10℃~15℃・・・ほとんどの虫が活動停止
  • 15℃~20℃・・・虫が少しずつ動き出す
  • 20℃~25℃・・・いろんな虫が本格的に活動開始
  • 25℃~30℃・・・一番虫が活発な温度
  • 30℃以上・・・暑くなるにつれ活動が鈍くなる

↑虫の多さと気温の関係はだいたいこんな感じ。

上の条件を踏まえると、虫嫌いのボクが目指す気温はこうなります↓

  • 10℃以下・・・理想…だけど季節がかなり絞られる
  • 15℃以下・・・できればここを狙いたい
  • 20℃以下・・・まあ妥協できるってライン
  • 25℃以下・・・できれば避けたい
  • 25℃以上・・・絶対に避けるべし

できれば最低でも20℃以下のキャンプ場に泊まりたいところ。

冬になればこの条件は余裕でクリアできるけど、夏はちょっと厳しい。

夏はまあ人も多いしオフシーズンとするとして、春・秋はやっぱオンシーズンにしたいよね。

以下は東京の1年の最高気温をまとめたものです。

東京の年間最高気温
引用:気象庁

最高気温の赤線に注目すると

  • 20℃以下になるのは11月~4月
  • 15℃以下になるのは12月~2月

と、かなり期間が限られます。

虫が少ないキャンプ場を狙うボクとしては20℃以下の気温ってのが最低条件。

ってことは7月8月は置いといて、5月・6月・9月・10月も「虫が少ないキャンプ」はできないってことか?

いや、気温を決めるには季節のほかにもう一つ条件がありました。

標高が高い

標高が高いと虫が少ない

標高が高いほど気温は下がります。

一般的には100m標高が上がるごとに0.6度気温が下がるっていわれてますね。

たとえば静岡のある平地で20℃の気温だったとしましょう。

すると同じ静岡にある標高1000mの高原では

20℃-(10×0.6℃)=14℃

ということになります(おおざっぱな計算です)

この例を見ればわかるように

標高の高いキャンプ場ほど涼しくなるので虫が少なくなる

ってワケです。

木が少ない

木が少ないキャンプ場は虫が少ない

木が少ないというのも虫の少なさにつながります。

虫ってやっぱり木が好きですからね。

ってワケで木が多い「林間サイト」なんてのは、春秋のまだ気温がビミョーな時期だとなるべく候補から外したほうが無難。

理想は木が少なくて一面にバーッと芝生が広がったサイトになります。

・・・でも意外とこれが見つからないんだよね。。

川・湖がない

川や湖があると虫が多い

虫は木だけでなく「水」も大好きです。

ハチに似ててキモチ悪い虫の「アブ」なんかも、水が多い場所に発生しやすいんだとか。

そうなると「川」や「湖」があるキャンプ場も避けようということになりますね。

でも実際のところ、川や湖があるキャンプ場ってかなり多いんだよね。。

牧場がない

牧場があると虫が多い

牧場というのもまた虫が集まりやすいスポット。

っていうのも牛や馬など自体が虫の吸血対象になったり、彼らのフンが虫を呼び寄せるから。

そういえば前にひとり動物園に行った時も羊にハエがたかってて気持ち悪かったなぁ。。

虫が少ない条件を満たすキャンプ場は?

虫が少ないキャンプ場の条件

以上の「虫が少ないキャンプ場の条件」を踏まえて、虫がいない(少ない)と思われるキャンプ場を実際に探すことに。

今回キャンプ場を探すのは10月上旬。

ちなみに2019年10月の東京の気温はこんな感じ↓

東京の最高気温
引用:気象庁

10月上旬というと、まだまだ25℃を超える日が大半。

中旬あたりから20℃を下回る日もチョイチョイ出てきますが、とりあえず10月いっぱいは「虫が少ないキャンプ場」の条件を満たす場所を選んだほうがよさそうです。

くわえて、ボクの住む「神奈川から数時間でイケる場所」という条件も追加すると、候補は

  • 神奈川
  • 東京
  • 埼玉
  • 山梨
  • 長野
  • 静岡
  • 栃木
  • 茨城

の7つに。

まず、栃木茨木はちょっと前にツーリングに行ったばかりなので今回は除外。

つづいて東京・埼玉・神奈川は標高が低いor林間サイトばかりなので除外。

山梨・静岡・長野の3つにターゲットを絞りました。

もう一度虫がいないキャンプ場の条件をおさらいすると、

  • 標高が高い
  • 木が少ない
  • 湖・川がない
  • 近くに牧場がない

この4つの条件を満たすキャンプ場。

・・・全然見つかりません。。

「標高が高い」だけならけっこうイケるんだけど、「木が少ない」「湖・川がない」を同時に満たすキャンプ場が意外とムズカシイ!!

…しかしその後も探し続けた結果、ほぼ条件に当てはまるキャンプ場を見つけました。

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」というところです。

  • 標高は約850m
  • 木が少ない(複数エリアがあり、木が少なそうなエリアもあった)
  • 湖・川はない
  • 牧場はない(ちょっと離れたところにあるけど…まあセーフとする)

↑のように、おおむね「虫がいないキャンプ場の条件」は満たしてます。

おまけに「バイク乗り入れ」もOKとのこと(個人的に必須条件)

ただちょっと気になることがひとつ。

っていうのも、ネット上のレビューで

「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場はアブが多い」

という情報を発見したんですよね。。

でもたぶんこれは夏キャンプ時の情報なので、それよりも気温が下がった今なら大丈夫だろう!

そう信じて、朝霧ジャンボリーオートキャンプ場へ向かいました。

続く

コメント

読んでいただきありがとうございます♪

応援していただけると管理人のモチベーションが上がり、更新頻度が上がります^^↓