ロックダウンに効果はないと言われる5つの理由

「ロックダウンをするつもりはない」

というニュアンスの発言をした菅総理に対し、ネット上では非難の声が殺到しています。

どうやらネット世論ではロックダウンを希望している人間が多い様子。

日本最大級のニュースサイト『ヤフーニュース』のアンケートでもこんな恐ろしい結果が出ていました。

ロックダウンをするべきかどうか?
https://news.yahoo.co.jp/polls/domestic/42531/result

仮にロックダウンをできたとしても、結果は苦しむ人の数のほうが圧倒的に多くなるんじゃないか?

…というのは置いといて、そもそも

ロックダウンには効果がない

という論説は以前から言及されているんですよね。

今回はその理由を最新のデータを踏まえて話していきます。

スポンサーリンク

ロックダウンした国とそうでない国で差が見られない

ロックダウンに効果がないという一番の根拠は

ロックダウンした国とそうでない国で差が見られないこと

ですね。

下の図はアメリカの各州における規制の厳しさと死亡者数を表したグラフ。

引用:https://agora-web.jp/archives/2051672.html

横軸が規制の強さ、縦軸が死亡率です。

…バラバラで何の規則性もありませんね。

要するに規制の厳しさと死亡率の相関関係はないと見れます。

別の例↓

さらにもう少し具体例をあげると、

PCR検査をいち早く導入し、他国よりも厳しいロックダウンを行ってきたペルーの人口当たりの死者数は世界で1位。

引用:https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/peru/

同じく厳しいロックダウンを続けてきたフランスの人口当たり死者数は、ゆるゆる規制だったスウェーデンよりも高い数値。

「ニュージーランドやシンガポールでは抑えられてるじゃないか」

との意見もありますが、これは感染が広まる前の初期段階で運よく対策できたレアケース

一度感染が拡大してからロックダウンを成功させている国はほぼ存在しません。

【医学論文】早期のソーシャルディスタンスは効果あり/強力なロックダウンは効果なし。ただし日本は…|森田 洋之|note
今日は、医師・医療経済ジャーナリストの森田です。 今回は先日発表されました医学論文(自分の中ではかなり信頼度の高い論文)を紹介したいと思います。 論文はこちらで読めます(ブラウザがChromeだと自動で翻訳してくれますよ)↓↓ タイトル未設定 EMBO Press is an editorial...

↑の記事では、

感染初期において移動制限をすることはある程度効果が認められるが、感染が蔓延した後のロックダウンは効果なし。

…ということが、論文に基づいて詳しく解説されています。

また最近ではオーストラリアのシドニーでロックダウンが行われていますが、感染者数は増える一方の状況。

Natureに掲載された論文

世界で最も読まれ、最も権威のある学術ジャーナルである『Nature』に掲載されたのが以下の論文。

Stay-at-home policy is a case of exception fallacy: an internet-based ecological study - Scientific Reports
A recent mathematical model has suggested that staying at home did not play a dominant role in reducing COVID-19 transmission. The second wave of cases in Europ...

簡単に要約すると

世界中の87の地域を比較したところ、98%の地域で”ステイホーム”によって死亡率が低下することを証明できなかった

という内容です。

Natureは査読済みの論文を掲載していて歴史あるメディアなので、この報告はかなり信頼できるもの。

要するに世界の最先端の研究でロックダウンの効果が疑問視されてるワケです。

人流と感染者数の相関関係はない

人流と感染者数の相関関係を否定するデータは数多く出ています。

たとえば日本においても、以下のグラフでは全く両者の相関関係が見られません。

また感染拡大の原因と言われがちな”Gotoトラベル”もその因果関係は否定されています。

緊急事態宣言はピークアウト後に行われている

「第1波や第3波では緊急事態宣言のおかげで感染者が下がった」

と思ってる人が多いと思うんですけど、これもよくよくデータを見ると疑問なんですよね。

というのもどちらの例もピークアウトした後に緊急事態宣言を出してるんですよ。

引用:https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/cards/positive-number-by-developed-date/

↑のグラフが第一波。

やや見づらいですが、4月3日に発症ピークを迎え、すでに感染者数が減り出してる4月7日に緊急事態宣言を出しています。

さらに感染から発症まで潜伏期間が平均4.8日ほどあると言われているので、それを考えればなおさら緊急事態と関係なく感染者数が減ってることが伺えます。

↑これが第3波。こちらの方が分かりやすいですね。

第1波同様、感染者がすでに減り出した後で緊急事態を出してることは明らかです。

これらのデータから

「緊急事態を出さなくても自然に収まったんじゃないか?」

という意見を持つ専門家の人は少なくありません。

規制を撤廃したイギリスの今

自粛と感染者数に相関関係がないことを示す好例がイギリス。

イギリスは今年7月に感染者数がドンドン増加し、5万人にまで達した段階で、なんとこれまでの規制を撤廃しました。

英、規制解除後に感染減少 「驚きの逆転」、政府は警戒:時事ドットコム
【ロンドン時事】英国の人口の大半を占めるイングランドで先週、新型コロナウイルスの規制がほぼ全面的に解除された後、国内の新規感染者数の減少傾向が続いている。人との接触が増えて感染者が激増するとの当初の懸念に反し、「歓迎すべき驚きの逆転現象」(BBC放送)。政府は引き続き緊張感を持って警戒するよう呼び掛けている。

ところがこの規制撤廃を発表してからのイギリスは新規感染者の数が減っているのです。

引用:https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/united-kingdom/
一時は5万を超えていた感染者が規制撤廃後2万台へ

要するに

感染者数は自粛や人流とは関係なく、ある程度までいけば勝手に下がっていく

という仮説が成立するんですよね。

こうした傾向はイギリスだけでなく様々な国で見られます。

日本の第1波や第3波も緊急事態宣言よりも前に減少傾向に入っていたので、この説には信ぴょう性があるといっていいでしょう。

第2波にいたってはgotoを開始した少し後から減少し、3か月ほど一向に増える気配がありませんでしたからね。

ロックダウンのデメリット

ロックダウンに効果がないかどうかは別にしても、ロックダウンにはデメリットが必ずついて回ります。

具体的なロックダウンのデメリットは…

  • 失業率の増加
  • 免疫力や体力低下
  • 精神疾患の増加
  • 収入の低下
  • 自殺者の増加
  • 子供の発育における悪影響

↑はほんの一例です。

とくに見過ごされがちですが、精神面での悪影響はかなりの人が受けるのではないでしょうか。

新型コロナウイルス感染症 ロックダウンで子どもたちは長期的な精神的苦痛の危険に
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、世界...

ロックダウンより緩い緊急事態宣言でさえ2割がうつ状態になってるという発表も…

緊急事態下、2割の人がうつ状態 半数がストレス抱え、1万人調査|全国のニュース|佐賀新聞LiVE
新型コロナ感染拡大を受けた昨年春の緊急事態宣言の期間中、18%の人が治療の必要なうつ状態にあり、48%がストレスを感じていたとする約1万1千人へのオンライン調査結果を、徳島大の山本哲也准教授(臨床心理学)らのチームが26日、発表した。 単純比較はできないが、コロナ流行以前の別の研究や調査に比べ割合は増加。欧州のように強...

実際ネットを見てても多くの人が毎日政治家やらいろんな人間にキレてますからね。(前からだっけ?)

このようにロックダウンにはデメリットが確実に存在する一方で、肝心の感染防止効果はあるのかないのかハッキリしない状態。

そう考えると、死亡者も欧米と比べてはるかに少ない日本が、多大なデメリットを負ってまでロックダウンをやる必要性があるとは思えないんですよね。

まあ憲法とかの関係でどのみち日本じゃできないだろうけど…

考え方を変えない限り一生コロナは終息しない

毎日感染者数の増大が叫ばれていますが、致死率は当初と比べ大きく下がっています。

たとえば東京における今年8月14日の感染者数は5094人であるのに対し死者数は0人

感染者数が増えてる割に死者数はほとんど増えていません。

ここ1か月の致死率を見ると、インフルエンザの致死率よりも低いんですよね。

コロナでは無症状の感染者が多くいることを考えれば、さらに致死率は下がるでしょう。

「コロナには重症者や中等症、後遺症が…」

との声も大きいですが、インフルエンザは毎年1000万人、ピーク時には一日30万人が患うとされています。

コロナほど報道されていないだけで、その中には重傷者や後遺症を発症している人も大勢いるでしょう。

今までのインフルエンザでも今回と同様に恐れていたのなら一応筋は通っていますが、そうではないですよね。

いまだにコロナだけを特別扱いし、毎日感染者数の増減ばかりに目を向け

「ロックダウンだ!」

などと騒いでいたら一生自粛は終わりません。

仮にロックダウンに効果があったとしてもそれは一時的な封じ込め効果。

締め付けをやめれば再び感染者が膨れ上がるでしょう。

一時的に感染者数を押さえられたとしても

「次は○○株!」「次は第○派!!」

というように、キリがありません。

結局のところ、国民がコロナに対する意識を変えない限り、コロナ禍というのは永遠に続くことになります。

医療崩壊などについては下の記事で書いたんでそれを見てください。

応援ボタン押してもらえるとけっこう励みになります^^