仮想ツーリング始めてみたら結構おもしろい件[バーチャルツーリング]

バーチャルツーリング バイクいろいろ

ツーリングに行きたい!

でもこんな時期だし、なるべく外出はしたくない。。

・・・じゃあ家の中でツーリングするか!

ってなわけで家でツーリング、その名も

「仮想ツーリング(バーチャルツーリング)」

を始めてみました。

スポンサーリンク

仮想ツーリング(バーチャルツーリング)って何?

ところで仮想ツーリング(バーチャルツーリング)って何?

って思った人も多いでしょう。

まあ一言でいっちゃうと

グーグルストリートビューを使ったツーリングです

グーグルストリートビューってのは知ってる人が多いでしょうけど、一応説明すると、グーグルが提供する「写真を使ったリアル地図」のことですね。

要はこれを使って世界中を旅しようって話なのですが、ただストリートビューを移動するだけでは仮想ツーリングとはいいがたいです。

そこで仮想ツーリングのためにいろいろ準備しました。

仮想ツーリング(バーチャルツーリング)に必要なもの

仮想ツーリングに必要なもの、あるといい物をリストアップしました。

  • スマホorタブレット・・・◎
  • エアロバイク・・・〇
  • 大画面モニターorテレビ・・・〇
  • Street Watcher・・・〇
  • ヘルメット・・・△
  • ライディングウェア・・・△

◎は必須アイテム、〇はあるといいアイテム、△は気分盛り上げアイテム

スマホorタブレットはストリートビューを見るのに必須です。

その他はあった方がより楽しみやすくするアイテムなんで別になかったらなかったでかまいません。

これが仮想ツーリングだ

準備完了。

バーチャルツーリング

よりツーリング気分を出すためにライディングウェアとヘルメットを着用しました。

エアロバイクはもちろんバイク代わり。

ない人は普通の椅子でも空気椅子でもいいでしょう。

仮想ツーリング

大画面で見たほうがリアリティが出るので、スマホとテレビをつなげられる機器があるとなお良し。

ない人はスマホだけでもOK!

排気音は自分の口で鳴らしましょう!

そして今回は「Street watcher」っていう有料アプリを使います。

※今のところこのアプリはiPhone専用っぽいです。アンドロイドスマホを使ってる方は他のアプリを探すか、もしくは普通のストリートビューでもOK!

ストリートビュー ナビ : StreetWatcher

ストリートビュー ナビ : StreetWatcher
開発元:EndLight
無料
posted withアプリーチ

本来グーグルストリートビューだと移動する際にいちいち手動でタップする必要がありますよね?

でもこのアプリを使えば、あらかじめ設定したルートを自動でストリートビューで移動してくれます。

画面が切り替わるスピードや進む距離も自由に設定できるので、けっこう使い勝手のいいアプリですよ。

ただし利用するには月額300円必要となるので、無料でバーチャルツーリングしたいという人は普通のグーグルストリートビューだけでもOKです。

ってことで実際の仮想ツーリング動画を見てみましょう。

仮想ツーリング(バーチャルツーリング)やってみた

youtubeに動画をあげるのはまだ2本目。

ってことで編集がかなり下手なのはゆるしてね^^

バーチャルツーリングのメリット

さて、ここからは実際に仮想ツーリングをしてみて感じた感想を書いていきます。

まずは仮想ツーリングのメリットから

仮想ツーリング(バーチャルツーリング)のメリット
  • 金がかからない
  • 渋滞や信号待ちがない
  • 事故リスク0
  • 走りたいところへワープできる
  • 実際のツーリングの予習にもなる
  • エアロバイクでやれば運動にもなる
  • 雨でも関係なし

金がかからない

バーチャルツーリングでは金が一切かかりません。

だって家でストリートビュー見てるだけですからね。

ガソリン代・高速代が一切なしでツーリングができます。

ただし先ほど紹介した「Street Watcher」を使う場合、月額300円必要になります。

まぁガソリン代とかと比べれば全然安い金額ですけどね。

信号待ちや渋滞がない

バーチャルツーリングでは信号待ちや渋滞を一切気にせず走れます。

リアルツーリングでは、とくに都会なんかだと実際これがストレスになったりしますからね。

ノンストップで走り続けられるというのはなかなかいいメリットだと思います。

事故リスク0

仮想ツーリングは家の中でやるので当然事故リスクは0になります。

公道で走るのが怖い初心者の人なんかは、シミュレーションにもいいんじゃないでしょうか。

走りたいところへワープできる

仮想ツーリングでは普段なかなか走れない遠くの場所を走ることだって自由です。

北海道や沖縄といったツーリングスポットや、アメリカなどの海外にだって一瞬で行けちゃいます。

とくに海外なんかは一生に一度も走ることがない人がほとんどでしょうから、仮想とはいえなかなか面白いと思いますよ。

実際のツーリングの予習にもなる

仮想ツーリングは実際に行ってみようと計画しているツーリングの予習にもなります。

これを見ておけば道に迷わず目的地へたどり着けるでしょう。

あるいは道中で見つけた気になるわき道なんかも仮想ツーリングでは気軽に入っていけます。

その結果、より良いツーリングルートが見つかる可能性があるかもしれません。

仮に入った脇道が行き止まりだったしても、バーチャルならすぐに元の道に戻ることができるので、そういった意味では普段のツーリングよりも寄り道がしやすいです。

エアロバイクでやれば運動にもなる

ボクのようにエアロバイクで実際にペダルをこぎながら仮想ツーリングを行えば、運動にもなるのでまさに一石二鳥ですね。

ちなみに僕はアルインコっていう定番人気メーカーのエアロバイクを使ってます。

余談ですが、エアロバイクは気軽にできてけっこう続けやすい運動マシーンなので、家にあるとけっこう便利ですよ。

天候関係なし

ライダーの天敵「雨」が降ってもバーチャルツーリングはノープロブレムです。

あるいは「雪」がふる地方の人なんかは、冬の時期はバーチャルツーリングを楽しむのもいいかも。

バーチャルツーリングのデメリット

ここからはデメリットです。

バーチャルツーリングのデメリット
  • やっぱリアルとは全然違う
  • 移動がめんどくさい
  • 何やってんだろう俺…って思う

やっぱリアルとは全然違う

やる前から分かっていたことだし、みんな知ってると思うけど

やっぱりリアルのツーリングとは全然違います。。

具体的に言うと

  • 外のきれいな空気が吸えない
  • 口で排気音出すのは疲れる
  • 振動がない
  • リアル景色と写真景色じゃ違う
  • バイクの操作感がない

などなどやっぱ全然違います。

振動に関しては「ブルブルマシン」の上にエアロバイクを載せればバイクっぽくなるかな?とも考えました。

壊れるかもしれないからそこまでやらないけど。。

まあとにかく、いろいろ工夫次第でもっとリアルにできる余地はありますね。

移動がめんどくさい

これに関しては「Street Watcher」を使えばだいぶマシになりますが、無料のグーグルストリートビューだとやっぱり移動がめんどくさいです。

手動でタップしながら進むとなるとどうしてもツーリング感も薄れますね。

何やってんだろう俺…って思う

エアロバイクにまたがってヘルメットをかぶり、口でブンブン言いながらストリートビュー上をツーリングしていると、時々ふと我に返ります。

「オレなにやってんだろう…」

・・・

まとめ

以上、仮想ツーリング(バーチャルツーリング)のやり方や、やってみた感想をレポートしました。

やっててむなしくなる瞬間もありますが、意外とメリットも多いので、外に出れないときは「仮想ツーリング」ってのもアリなんじゃないかと思いました。

コメント

読んでいただきありがとうございます♪

応援していただけると管理人のモチベーションが上がり、更新頻度が上がります^^↓