進撃の巨人127話ネタバレ&感想!リヴァイは出番なし!

進撃の巨人127話を読んだのでさっそくその内容と感想を書いてきます。

前回までのあらすじ

ついに「地ならし」を発動し、バラディ島以外の全世界を滅ぼそうとするエレン。

ハンジ&リヴァイはピーク&マガト隊長と「エレンを止める」という目的で一致し、協力することに。

一方、アニと104期生が再会を果たし、

ミカサ、アルミン、ジャン、コニー、ライナー、アニ、ファルコ、ガビの7人もエレンを止めるため動きだします。

進撃の巨人127話ネタバレ

ハンジと合流したミカサ&ジャン。

「私たちは車力の巨人らマーレ残党と手を組んだ」

ハンジが言う。

進撃の巨人127話より

いきなりの展開にちょっとびっくりするミカサとジャン。

エレンを止めるために協力してほしいとハンジは続ける。

「やります」

「これ以上エレンに無差別攻撃をさせたくない…」

ハンジに協力する姿勢を示すミカサ。

「もし…エレンを止められたとして…どうするつもりですか?」

不安げな表情でジャンが問いかけた。

エレンを止めたら結局この島は滅ぼされてしまう。。

冷静に判断できるジャンらしい意見だ。

しかし、

「とにかく世界を滅ぼすことはダメだ!」

と、ハンジは机を思い切り叩いた。

直後に何とも言えない表情に変わるハンジ。

「ジャンの言う通り、エレンがこうなったのは私のふがいない理想論のせいだ」

確かに現実的にバラディ島の平和を考えるなら、ジャンの言う通りエレンを止めるのは良くない。

バラディ島を守り世界も滅ぼしたくない、というのは虫のいい理想論なのかもしれない。

しかしハンジは続ける。

「人類の自由のために心臓をささげた…仲間が見てる気がする」

「この島だけに自由をもたらせばそれでいい」

「そんなケチなことを言う仲間はいないだろう」

そのときジャンの脳裏にはマルコの姿が浮かぶ。

進撃の巨人127話より

ジャンも協力することを決めた。

舞台は変わり、エレンを止めるため集まった一同で食事を囲んでいる。

エレンを放っておけば「島の悪魔の楽園」が手に入るのに、なぜエレンを止めるのか?

マガト隊長は皮肉を込めた言い方で質問する。

さらにこう続ける。

「つまり正義に目覚めたというわけか」

「正義だと?」

これにはさすがにジャンがキレます。

そりゃジャンからしたら散々仲間を殺してきた敵が正義を語っているのだからキレて当然です。

このあともジャンとマガト隊長の口論が続きますが、ハンジが仲裁に入ります。

「それで…あんた達はエレンを殺せるの?」

進撃の巨人127話より

突然痛いところをついてくるアニ。

ほかの104期生たちは一瞬固まります。

エレンを話し合いで止められなければ「マーレを故郷に持つアニ達」と「エレンを殺せないミカサたち」は結局やり合うことになるというアニ。

しかし、とりあえずエレンと話し合うまでは争う必要はないということで、とりあえずその場は収まります。

しかし今度はイェレナが輪を乱しました。

「マルコの死の真相はもうアニから聞いたんですか?」

暗い表情に変わるアニとライナー。

マルコはこの2人が殺したようなものなのだから当然だ。

ライナーは当時の犯行を告白した。

「マルコは…最後に何か言ってなかったか?」

ジャンがライナーに問いかける。

「俺たちはまだ話し合ってない…って」

進撃の巨人127話より

「そうだよ…!俺たちはロクに話し合ってない」

「今からでも遅くないよ」

ハンジもジャンに合わせます。

ホントは今すぐにでもライナーを殴り倒したいだろうが、ライナーの事情も思いやってか、なんとか前向きに話を進めようとするジャン。

ところがライナーはまだ続けます。

「マルコが巨人に食われるのを見ながら」

「俺はなんでマルコが巨人に食われているんだって思った」

「もういい」

「そして…」

「もういい、罪悪感で頭がおかしくなっちまったんだろ?」

怒りを抑え、もういいと言うジャン。

「許さないでくれ…俺は本当にどうしようもない」

まだやめないライナー。

「もういいって」

「すまない…」

・・・突如ライナーにとびかかるジャン!

そりゃ当然だ

もういいって何回も言ってるのにやめないライナーが完全に悪い。

一度堪忍の緒が切れたらジャンは止まらない。

今までのうっぷんを晴らすようにボコボコに殴り続けるジャン。

そして怒りのサッカーボールキックを入れようとした瞬間、ガビがライナーの身代わりになります。

さすがに女の子を蹴ったのはまずいと思ったのかジャンも攻撃をとめました。

自分たちの誤りを認め、協力を求めるガビ。

たまらずジャンはその場を立ち去ります。

いろんな思いが錯綜し、木の陰に隠れて泣くジャン。

場面は変わり、飛行艇に乗るため港へ向かう一向。

しかし、こちらの動きを察知したフロッグたちがすでに港に先回りしていました。

しかもアズマビトは人質に取られている様子。

進撃の巨人127話の感想

今回はついにライナーの口からマルコ死亡の過去が104期生に語られました。

ジャンは悲しみと怒りの感情は当然持ちながらも、同時にライナーの立場への同情や、一緒にやってきた仲間としての情もあったから途中まで責めることをしなかったのでしょう。

さすがにライナーがしつこすぎてキレちゃいましたが。。

さらにサシャを殺したガビに対しても同情するという、初登場の時からは想像もできないほどやさしい男になりました。

・・・っていうか今回よく考えたらあんま話進んでないですね(笑)

バラディ軍とマーレ軍の親睦会みたい感じでほぼ終わっちゃいました。

ちなみにリヴァイ兵長は今回は完全に空気でした。

また、ハンジ曰くしばらくは戦えないそうです。

リヴァイファンとしては早く兵長の無双シーンがみたいのですが当分お預けでしょうか?

なお、今月は主人公の登場シーンは0です。

128話の予想

気になる次回128話の予想ですが、

ぶっちゃけどうなるか全く想像つかないですw

とりあえず港を占領されてる状態ですが、まあぶっちゃけフロッグ含め雑魚ばっかりなんで、アルミン&ハンジの頭があればこいつらは問題ないでしょう。

そのあとは飛行艇に乗ってエレンに説得に行く流れなのかな?

それとも海を渡って大陸に行って…

ごめん、全く予想できないやw

コメント